2017年09月02日

株初心者は儲けようと思わず、得することを意識する

株を持っていると、友人から「株って儲かる?」と聞かれることがあります。
そんなとき、私は「儲かるか儲からないか分からないけれど、損か得かと言えば得」
と答えています。

株を始めようと思うとき、大抵の人はお金を増やしたいと思って始めると思います。
しかし、初心者で知識もなく儲けるのは難しいことですので、
私がおすすめするのは儲けようと思わず、株でちょっと得しようと思うことです。

株にはそれぞれの会社によって株主優待特典というものがあり、年に1回や2回、
株主に付与されます。
お菓子の製造会社だと、自社製品であるお菓子の詰め合わせだったり、ファッションブランドの
会社だと、自社ブランドの10%割引券などが配布されます。

初心者の方は、これらの特典でちょっと得しようと思って初めてみて下さい。

その際に注意することは、初心者は100株10万円以内で買えるリーズナブルな株から
始めることです。

それは、万一株価が暴落した場合でも損害が少なくて済むからです。
二つ目に注意することは、ちょっと株価が上がったからと言って、儲けようとして株を売却せず、
数年単位で長期保有するということです。

何度も言いますが、儲けようと思わず得することが重要だからです。
長期保有する意味は、株の配当金は銀行の定期預金の利息と比べて割が良いからです。

定期預金に預けるより、会社にお金を預けて(株を買って)、優待というプレゼントと
配当金と言う名の利息をもらい続けよう、というスタンスです。
そう考えて株を持っていると、損をするリスクはとても低くなります。

株初心者は、儲けようと思わず今の生活よりちょっと得をしようという姿勢で始めることを
おすすめします。

参考サイト:http://www.motekabu.jp/
posted by tatsuu at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

進化していた関西空港に感激!

子供が一歳半になった今年の9月。
これまで休日のお出掛けといえばイオンモールが定番だった我が家ですが、
ついに子連れでの海外旅行デビューを果たしました。

「子連れで海外はちょっと無理があるかな~」などと考えたりもしましたが、
二歳になると子供料金(大人の半額)が掛かってしまうし、
格安で行けるのは今のうちなので思い切って旅立ちました。

海外旅行はおろか、飛行機に乗ること自体が新婚旅行以来だった私。
出発先の関西空港に到着した時点で完全に舞い上がってしまい、
まだ出発もしていないのに色々とお店で買物しちゃいました。

しかし、しばらく行かないうちに関空もお店が増えましたね~。
以前はダイソーや3coinsなんてなかったような…
これなら飛行機に乗らなくても食事や買い物目的で利用できそうです。

関西国際空港
posted by tatsuu at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

バイクで彼と海ノ中道まで出掛けた思い出

私自身はバイクには乗れません。大型、中型はもちろん原付すら乗れません。

もう何年も前の話になりますが、その時お付き合いしていた方が中型バイクの免許を取り、それでどこかへ出かけようという話になりました。
私がバイクに慣れてないこともあって近場へ行こうということになり、博多から海ノ中道までのちょっとしたツーリングへ出掛けました。

今までまわりにもバイク乗りがいなかったので、どんな風に乗ったらいいのかもわからずドキドキしながら後部座席へ。
普段は車での移動がほとんどなので、風を切って走るバイクは新鮮でした。
景色の流れていくスピードとか、車の間をすいすい抜けて行く感じ、なかなか味わえるものではないなとちょっと感動したのを覚えています。

なにより渋滞もあんまり関係がなく移動でき、スピードがダイレクトに体感できるところに魅力を感じました。
ひとしきり走らせて、海ノ中道到着。有名な水族館へは行かずに展望台のほうへ。
車もあまり通らないので快適…と思いきや、どんどん怪しい雰囲気になっていきます。

なんだか、この世のものではないモノが出てきそうな…。
人も車も、バイクすらも通らない道に迷い込んでしまったようで、薄暗く夏なのに肌寒い道でした。

彼と2人ビクビクしながらバイクを走らせ、ようやく展望台へ到着。
そこには緑の綺麗な景色が広がっていました。
少し怖い思いもしましたが、初めてのバイク体験は今でもしっかり心に残っています。

そんなことを思い返していると、彼とあのバイクのことが気になってきました。
当時はいつもバイクの手入れをしていて本当に楽しそうだった彼。
気になってLINEしてみると、あのバイクは売ってしまったとのこと。

しかもバイク王で査定してもらって二束三文で叩き売ったそうです。
「私との素敵な思い出が詰まったバイクを二束三文で売るなんて…」
と少し残念な気持ちになりましたが、あれから何年も経っているので仕方ないこと。
でも、バイク王って口コミの噂どおり査定が安いのね。
同じバイクを売るならオークションとかで売れば良かったのにね。



posted by tatsuu at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする